カナダ産三元豚肩ロースかたまり ☆コストコおすすめ商品

【カナダ産三元豚肩ロースかたまり】

購入時価格 1512円

コストコでカナダ産三元豚肩ロースを購入しました。



スポンサーリンク

こちらは4月半ばの川崎倉庫にて。

3~4月頃に、アメリカ産のお肉に代わってカナダ産三元豚肉がコストコで扱われるようになり、買ってみたいな~と思っていましたが、幕張倉庫では入荷が遅かったのか、しばらくアメリカ産のままで・・・。

そんな時に川崎倉庫に行く機会があり、お肉コーナーを見てみたら、ずらりとカナダ産三元豚が並んでいて!買ってみたい!と迷わず、カートインしました。

真空パックになっている冷蔵のかたまり肉、こちらは冷凍されずに空輸されているそうです。

帰宅したらまずそのままの状態で冷凍室へ。
2~3時間ほど冷凍すると表面が固まって包丁がちょうど入りやすくなりカット作業がしやすくなります。

とんかつやポークソテーなどを作ることを想定して、だいたい1~1.5cm幅くらいにカット。脂もバランスよく入っていて綺麗な色ですね。

アメリカ産のチルドポークに比べると、こちらのほうがよりピンク色かな、という風に感じました。

コストコで購入したお気に入りの調味料、クレイジーガーリックを振って小麦粉をまぶしてソテーするだけで、とっても美味しいポークソテーに!

新玉ねぎたっぷりのソースと合わせても最高☆

そして、私が豚肩ロースを買うと必ず作る、特にお気に入りのメニューが2つ。

1つは豚肩ロース肉と野菜をたっぷり入れて、ル・クルーゼでコトコト煮込んだ、ポトフ風の煮込み。ほろっほろで崩れるくらいに柔らかくなった豚肩ロース肉が最高!

そしてお肉と野菜の旨みがスープにたっぷりと溶け込んでもう全体が、美味しい!!!

これは家族がみな好きだけど、とにかく私が大好きすぎて、必ず作るメニューです。
【レシピはこちら】

もう1つは、煮豚。

煮豚やチャーシューといえば、たいていはかたまり肉のまま煮込んで、食べる時にスライスするものだと思いますが、私は面倒なので、とんかつ用の厚みにカットしたものをフライパンでそのまま煮ちゃいます。後片付けも簡単だし、手軽にできてとっても便利。

味付けは、ヨシダソースグルメのたれ。

このソースは昔一度買った時に甘めであまり好きじゃないな~と思っていたのだけど、最近、うまく使えばすごく万能で美味しく、便利な調味料なんだなと再認識した商品。

公式サイトにレシピもたくさん載っているのですが、やっぱりお肉との相性は抜群!!!

我が家の煮豚作りには欠かせない調味料になっています。

煮込んで出来た煮豚を、キッチンバサミでサイコロ状にカットしてから
ジップロックコンテナに小分けして冷凍ストックしておきます。

この煮豚で、チャーハンや焼きそばを作ると、家族のテンションがかなりUP~!!子供たちがおかわりしてくれるくらい♪

一度にまとめて作ってから冷凍ストックしておけば、あとで手間がまったくかからずに、なおかつ手の込んだような美味しいものがすぐに出来上がるから、これは本当におすすめ。
【煮豚のレシピはこちら】

さて、カナダ産三元豚の豚肉をコストコで初めて購入してみましたが、臭みもなく、とってもジューシーで、私はリピし続けたい商品だなと思いました!

アメリカ産のももちろん美味しかったけれど、カナダ産三元豚のほうがよりジューシーで、それでいて、g単価も安い!

今回購入時の価格は72円/100g!かなりお買い得ですよね~☆

またストックがなくなったら買いに走りたい、コストコの美味しい、カナダ産三元豚豚肩ロース肉です。

スポンサーリンク

関連記事広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする